研究について

感情から受ける脳の記憶と心身への影響

教授 北 澤 和 美
「人は、人とコミュニケーションをとる手段、自分の心を人に伝える手段として何を使用していますか」と問われれば、多くの方は「言葉」と解答します。確かに言葉は、人と人とがコミュニケーションを取り合うために重要な媒介手段に違いありません。しかし心は言葉だけでは伝わりません。
科学的データを紐解くと、人が相手の石を受け取る割合は、言葉からが7%、準言語(言い方)からが38%、非言語からが55%なのです。非言語、つまり表情や視線、身振り手振り、姿勢や声の調子なのです。口先で発せられた言葉からだけでは、人の心の真意を伝えあうことはできないのです。特に表情は大切、その中でも恐怖の表情は本人の意識とは無関係に脳の感情記憶として残り、心身の成長にも影響を与えています。
脳で受け取る感情とそれにともなって分泌されるホルモン、そしてその心身への影響を捉えたカウンセリングに取り組んでいます。

保育者のキャリア教育研究

教授 村 上 金 男
教授 大 平 雅 弘
教授 小 松 督 記
講師 石 森 小緒里
本研究では、保育者養成の質向上を目指し、学生の職業意識を高めるための調査をしております。本学では職業ゼミナールを導入し、その効果検証を実施しました。結果、職業別ゼミナールは学生の意識改革に有効であることが明らかとなりました。
平成28年度には、全国に先駆け「保育士版CBT(Computer-based-testing)に関する研究を開始しました。「保育士版CBT」研究については全国保育士養成協議会東北ブロックから研究費が採択されました。現在、保育者の技術向上を目指し、「保育士版OSCE(客観的技能評価試験)」の研究を行っております。

保育実習研究

准教授 齋 藤 亮 一
本研究では保育所実習における技術・知識向上のための研究をしています。統計的解析を行い、研究を公表しております。統計学では検定やリッカード尺度、法定尺度法などを利用しています。
本研究を行う意義として、学生が実習を行ううえで、何が必要なのかを明らかにし、実習先と連携をし、よりよい保育ができることを目指しております。

社会的養護と児童家庭福祉の研究

講師 齋 藤  寧
講師 井 坂  亨
児童虐待や貧困家庭に関する福祉的援助を考察しています。シングル世帯への支援方法や相談援助の技法など様々な支援があるなか、保育者は今後どのように保護者を援助していけばよいのか。その疑問から福祉的援助を考え、保育者により良い援助技術を提供できればと思い研究を進めています。