研究について

感情から受ける脳の記憶と心身への影響

教授 北 澤 和 美
人は、「人とコミュニケーションをとる手段、自分の心を人に伝える手段として何を使用していますか」と問われれば、多くの方は「言葉」と解答します。確かに言葉は、人と人とがコミュニケーションを取り合うために重要な媒介手段に違いありません。しかし心は言葉だけでは伝わりません。
科学的データを紐解くと、人が相手の意思を受け取る割合は、言葉からが7%、準言語(言い方)からが38%、非言語からが55%なのです。非言語、つまり表情や視線、身振り手振り、姿勢や声の調子なのです。口先で発せられた言葉からだけでは、人の心の真意を伝えあうことはできないのです。特に表情は大切、その中でも恐怖の表情は本人の意識とは無関係に脳の感情記憶として残り、心身の成長にも影響を与えています。
脳で受け取る感情とそれにともなって分泌されるホルモン、そしてその心身への影響を捉えたカウンセリングに取り組んでいます。

保育者のキャリア教育研究

教授 村 上 金 男
教授 大 平 雅 弘
本研究では、保育者の質向上を目的に、学生の職業意識を高めるための調査を実施しています。本学では職業別ゼミナールを導入し、その効果検証を実施しました。結果、職業別ゼミナールは学生の意識改革に有用であることが明らかになりました。研究調査結果から、保育者にとって必要不可欠となるコミュニケーション、とりわけ国語学や国語表現といった言語学分野の研究を進めています。

保育者の質向上を目的とした研究・臨床経済学研究

教授 小玉 幸助
保育者の質向上を目的とした研究では、平成29年度全国保育士養成協議会東北ブロックから個人研究助成費が採択され、保育士養成校におけるCBT(computer based-testing)共通試験の開発を試みました(研究名称:保育士版CBT研究)。
また、平成27年度から保育士の技術評価の必要性があると考え、医学部や薬学部等で実施をしているOSCE(客観的臨床能力試験)に関する研究を進めています(研究名称:保育士版OSCE研究)。
臨床経済学研究においては、精神障害・高次脳機能障害・発達障害などを対象としたカウンセリング、キャリア・コンサルティング、精神科リハビリテーション、ソーシャルワーク領域の技術に関する調査を進めながら、経済学的分析を試みた研究をしております。
平成29年度、高次脳機能障害者を対象とした研究においては、経済損失額を明らかにし、精神保健福祉援助技術の必要性を公表しました。

保育実習研究と統計解析について

准教授 齋 藤 亮 一
本研究では保育所実習における技術・知識の向上のための研究をしています。統計学的解析を専門に研究を進めています。統計学的手法としては、χ2検定やt検定を中心に解析をしています。さらに、調査研究ではリッカート尺度などの評定尺度を利用し、データの観測をしています。
本研究を行う意義として、学生が実習を行ううえで、保育者養成校での指導において何が足りないのかを明らかにしています。今後の研究課題として、保育所実習先と情報共有をし、保育者がよりよい保育ができることを目指しています。

保育内容演習(健康)に関する研究

准教授 齋藤 寧
社会の変化に伴う近年の子どもたちを取り巻く厳しい状況を踏まえ、保育所や幼稚園において、子どもたちの心と体の健康に関する研究を実践しています。研究としては、子どもたちは、どのように生活を大切にすれば良いのか。保育環境や具体的な援助として何が必要なのかを明らかにしていきたいです。
今後、保育者養成をするうえで、研究結果から、健康の知識と実践力を兼ね備えた学生を育てていきたいと考えています。

社会学を対象とした指導法研究

准教授 井坂 亨
本研究は社会学を対象とした保育指導法の研究をしています。調査研究として、保育環境を対象としており、アクティブ・ラーニングの有用性を明らかにしています。
また、アクティブ・ラーニングのみならず、ピア・ラーニングを導入し、保育者として必要とされる基本的能力を身につけられるよう研究を進めています。
今後の研究課題として、保育者の基本的能力の1つである「コミュニケーション能力」を対象に研究を進めていきます。

表現を育む保育者を目指して

講師 石森 小緒里
保育者を目指す学生との関わりの中で、豊かな人間力に繋がる「表現教育」の在り方について、造形活動を中心に研究を行っています。
表現は、目に見えない心の内側に在る世界を外に表し出すことによって、漸く視覚化され自分以外の人とその世界を共有することが可能となります。この、表しだす行為を「表し」という言葉で置き換えられることがありますが、その表しの結果として視覚化されたものが「作品」となります。保育者にとって、特に着目していきたいのが「表し」の部分と考えます。
幼少期の子どもたちが、日々の生活の中で様々な表しの過程を体験し、じっくり味わうことで豊かな表現力が育まれ、このことが生きる喜びに結びつく手助けとなることを願っています。

児童家庭福祉の研究

講師 鈴木 永二
教育社会学の視点から児童家庭福祉における研究を進めています。児童虐待や経済的困難な家庭を研究対象としています。
近年、児童虐待およびDV(ドメスティック・バイオレンス)の件数が上昇しています。保育者の視点から大崎広域圏を対象に児童虐待およびDVの減少を目指し、支援策を研究しています。
今後の研究課題として、大崎広域圏の関係機関と連携をし、研究を進めていきたいと考えています。