みやぎ県民大学開放講座

このウィンドウを閉じる

2014年度の開放講座の様子

第1回講座「古川の歴史探訪ーその1」(平成26年8月27日)

2014年度 みやぎ県民大学開放講座「学びの輪」全6回シリーズで開講しました。
第1回目は本学の北澤教授が「古川の歴史探訪」と題して、大学の近辺の荒雄神社の建築様式等・祥雲閣の日本庭園の特徴・長瀬の船着場跡について予備知識を座学。いざ探訪へ!受講生は、実際に建物を目の前にしながらの説明に熱心に聞き入っていました。

    学内で座学             荒雄神社境内1           荒雄神社境内2

  まずは祥雲閣でお手前         祥雲閣の竹垣(鉄砲垣)        祥雲閣の庭園

第2回講座「古川の歴史探訪ーその2」(平成26年9月3日)

古川の歴史探訪2回目はスクリーンを観ながら古川の町中を歴史探訪。まずは、古川駅からスタート。ここは東北本線が古川を通らなかっため馬車鉄道が開通しました。台町通りにはそれをかたどったガードレールがあります。十日町の吉野作造生家跡、古川学人、七日町の緒絶橋、歌枕等々の歴史をクイズを交えながら講義が進行しました。受講生の中には熱心にノートをとる姿も見られました。

    

第3回講座「色彩表現の基礎−3原色から生まれる世界ー」(平成26年9月10日)

身近な生活の中にある色、無意識の中で私たちは色を選んでいたり、感情と結び付けていたりしています。冷たく感じたり、あったかく感じたり・・・・・。今日は、三原色を使って様々体験してもらいます。ビルデングの落っこちそうなボールどちらが危ないと感じますか? 描き始めると面白くてやめらいない!そんな声も聞こえました。

 

第4回講座「色彩と脳との関係性〜ぬり絵による脳の活性化の秘密を体験する〜」(平成26年9月17日)

ぬり絵なんて何十年ぶり、しかし、ぬり絵には脳を活性化させる秘密があるとは思いもよらなかった!作品を完成させるためにドーパミン(幸福のホルモン)が脳からでてくるらしい。描き始めたら無心になってやめられなかったね。薔薇の曼陀羅の作品、完成した作品ごらんください。先生のコメントもさすがカラーセラピスト、みんなほめられちゃって大満足。

夕日は前回の宿題、家で描いたのです。燃えるような、トマトのような・・・・・・・・。楽しかったです!

第5回講座「社会保障制度〜現代社会とくらし〜」(平成26年9月24日)

 少子高齢化社会の日本、豊かな国なのか貧しい国なのか、現代社会のくらしについて法的根拠から考えてみませんか・・

本当に頭の痛いことですね。

第6回講座「精神科リハビリテーション」(平成26年10月1日)

今日は最後の講義です。精神科リハビリテーション統合失調症、うつ病、認知症、身近にあることだけにいろいろと質問もたくさんありました。

最後に修了証を受け取りみんな満足・・・・・。来年も実施いたしますので是非受講してください!