学科紹介
採用担当者の方へ
卒業生の方へ
資料請求
オープンキャンパス
行事の様子最新号

学校紹介ロゴ

音楽表現

8人から15人グループとなり少人数で講義をしています。ピアノは、初心者でも6月の発表会ではバイエル30番台ぐらいまで弾けるようになります。

個別レッスン室もあるため学生たちは集中してピアノの練習をすることができます。

 

造形表現

4人から6人の少人数グループとなり、平面造形の技法、手作りおもちゃ、絵本製作、保育環境に活かせる装飾などを学んでいます。

 

 

身体表現

身体のいろいろな部分を自由に動かす能力、表現方法、創作能力を身につけ、全身で表現する楽しさを体験しながら、リズムダンスや表現に関する指導法を考えます。

また、保育現場で実施されているリズム遊びを体験するため大崎市内の保育園にも出かけます。講義では園児とふれあいながら、現場の保育士から指導を受けます。

 

 

保育相談支援

保護者支援としての相談援助技術等(保育ソーシャルワークの技術及び相談援助技術)を学びます。課題解決型授業(PBL)やロールプレイなどアクティブ・ラーニングを取り入れています。また、最新の事情に合わせ、タブレットPCを導入した教室で講義をしています。

 

社会常識論

社会生活を送るうえでの社会常識または作法を学びます。日常生活において「お互いに気持ちよく過ごすための思いやり」を身につけます。写真はお茶のお作法の一コマです。

 

キャリアガイダンス(職業別ゼミナール)

公務員・医療福祉系コースと幼児教育コースに分かれ、少人数で担当教員から指導を受けます。夏季休暇中、公務員志望者の学生たちは図書館で勉学に励んでいます。

 

観察実習

幼稚園に出向き観察実習をします。教育実習や保育実習の前に園児とふれあい、現場で通用するよう幼稚園教諭から指導を受けます。